鉄骨造(S造)の特徴・長所・短所について

柱や梁などの主要構造部分に鋼材を用いた工法です。
鉄骨造に使われる鋼材の厚みが6ミリ未満のものを「軽量鉄骨造」といいます。
軽量鉄骨造は、主に住宅等に用いられる場合が多いです。
鉄骨造に使われる鋼材の厚みが6ミリ以上のものを「重量鉄骨造」といいます。
主に中層の集合住宅や店舗併用住宅等に用いられます。

メリット

木造に比べ、柱の間隔を広くすることが可能で、大きな空間がつくれます。
加工しやすいという鉄の特性を生かして、ドーム型の屋根などの複雑な形状に対応しやすいのも利点です。
デザインによっては短工期での施工が可能です。

デメリット

基本的に力を揺れて逃がす構造なので建物自体が揺れやすく、音が響きやすいです。
木造に比べコストが高くなります。
また鋼材の特徴として熱や錆には弱いため施工の際には錆止めや不燃材の使用を確実に行う必要があります。

鉄骨造(S造)建築の流れ